スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

UFOに乗って

 脳みその底の部分に不快な澱のようなものがたまりはじめていて、頭蓋骨に穴を開けて新鮮なエアーをプシューッと注入したいような気分だった。
 作家の浅田次郎さんは、気分を切り替えたいときはふらりとラスベガスに飛んでギャンブルに興じるのだと、エッセイかなにかで読んだことがある。ギャンブルに没頭することですべての呪縛から解放され、悶々としていた頭がスッキリして仕事がはかどるようになる、というようなことだった。忙中閑あり。忙しくても「遊び」は大事ということだ。
 とはいえ僕がラスベガスに行けるわけがないから、せめてケータイの着信音を浜省の『BLOOD LINE』からプレスリーの『ラスベガス万才』に変え(これ、村上春樹フリークじゃないとわかんないよね)、ぶらりとでかけることとする。さわやかな秋晴れである。

 小屋にしまってあったUFOを引っ張り出す。
 だれにも話したことはないが僕はUFOを所有している。仙台にいたときに購入したもので、結構な値段だったがそのときは僕もちゃんとした仕事をしていて少しは裕福だった。
 アダムスキー型と呼ばれるもっともオーソドックスなタイプのもので、中古で購入した。何年式だったのかは忘れたけれど、千年ぐらいまえに製造されたものだったはずだ。UFOには車検証のようなものがないからいまとなっては知る術もない。

 ひさしぶりに乗ったが、油を差していたわけでもないのに乗り心地は快適そのものだった。
 燃料はいらない。ものを動かすのにエネルギーが必要だと考えるのはアメーバみたいな頭脳しかもたない人間が考える発想だ。UFOというのは人間には考えも及ばないある特殊な原理で時空を自由に移動する。「どこでもドア」に近い原理、ワームホールみたいなものを人工的に作って移動する。まあ、くわしいことを説明しても人間には理解できないだろう。

 二戸の合同庁舎近くのコンビニに立ち寄ると見たことのある人がいて外でタバコを吸っている。知らぬ顔をしようかとも思ったが、「○○さん」と声をかける。
 九戸政実を描いた『天を衝く』という小説を劇にして演じるのだそうだが、彼はそのエキストラとして出演するために近くの施設に練習に来たのだそうだ。限りなく「義理出演」に近いような印象を受けたが休みを返上して練習に赴くことに対して敬意を表する。まあがんばってくれたまえ。僕はこれからUFOで折爪岳を越えなければならない。

 山はまさにあき竹城(秋たけなわ)だった。
 今年は木の実が多い。家の周りのイチイの木も見たことがないほど大量の実をつけているし、クリやクルミ、赤いヤマボウシの実も見事なまでに生っている。
 人がいないのを見計らって車道を走ってみる。僕のUFOは車道も走れるタイプのものだ。
 小動物が道路を横切る。リスだろう。きみたちもがんばってくれたまえ。冬も間近だ。

「オドデ様の滝」前にUFOを着陸させ、パンパンと手を合わせる。オドデ様にたのめば探し物がすぐに見つかるらしい。僕がいま探し求めているのは休日に一緒に遊んでくれるパートナー。賽銭も投げずにお願いだけはしてきた。パパンがパン。

 今年は季節が二週間早く進んでいる。
 サクラが咲くのも、梅雨入りも、お盆が終わって寒くなるのも、クリの実が生るのも、人恋しくなるのも、涙が出そうになるのも、すべて二週間はやい。このぶんだときっと初雪も二週間はやいはずだ。

 二週間はやく季節がすすむ折爪岳を、小さなUFOに乗って降りてくる。いつものお風呂で汗を流し、自宅に戻る。
 着陸に失敗し、人さまの田んぼを少し荒らしてしまったようだ。稲も刈り取り間近。

/

【ブログランキングに参加しています】

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメント

RE:涼さん
はじめまして、ですね。ありがとうございます。
ホットな日々はなかなか訪れませんが、うずらとともに日々精進します^^;
折爪岳にもぜひいらしてください♪

  • 五郎
  • 2014/11/09 23:46

RE:hikaruさん
hikaruさん、遅くなってすみませーん^^ゞ
いつもありがとうございます。
歴史小説はあまり読まないのですが、これは素晴らしかった。
高橋克彦さんは若い頃の作品が特に好きですね♪

  • 五郎
  • 2014/11/09 23:43

RE:さすらいさん
さすらいさん、すみませーん^^;
いつもありがとうございます。
以前なら『天を衝く』にはあまり興味が持てなかったのですが、いまならすごく共感が持てますね。
僕もそんな男でありたいです^^

  • 五郎
  • 2014/11/09 23:39

RE:kitaguniさん
kitaguniさん、遅くなってすみませーん^^;
いつもありがとうございます。
UFOお貸しする前に寒くなってしまいましたね。
これからでも良ければお貸しします。
宇宙免許が必要ですがね^^

  • 五郎
  • 2014/11/09 23:36

私も大麻を煮出したあと干して作った魔法の箒に跨がって、折爪山に向って飛んで行きたくなりました。勿論クロネコも一緒です。五郎さんとウズラちゃんの心に小春日和のホットな日々が訪れますように。

  • 2014/10/02 22:51

「天を衝く」は文庫本を買いました。高橋さんの作品で一番最初に読んだのがこれですね(笑)「火怨」とか「炎立つ」もよかったです。なんというかあの土地に生まれてよかったと思える作品だと思います。

  • hikaru
  • 2014/10/01 22:49

基地のフェンスの向こうに揺れる星条旗〜♪

天を衝くは何度も読み直しました。
秀吉にケンカを売ったのは立派!
今でも政實公を素晴らしいと思ってます!

  • さすらい
  • 2014/10/01 01:04

成程・・二週間早まってるか。。
という事はふけるのも二週間早いのか?
急がねば。。(* ̄m ̄)プッ 
ところでそのUHOは私も乗れるかな?
ちょいと貸してくれないか!
元気な内に行きたい所が在るんだよ♪(=v=)ムフフ♪

  • kitaguni
  • 2014/09/29 00:17