スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スクープに違いない

 ただなんとなく、つらつらとまた駄文を書きつらねようと思う。つらつら、つらつら、紀貫之である。

 おそらくこれはスクープに違いない。
 僕は今日、ある動物の生きた姿を写真に収めることに成功したのである。
 なにを見たのか、なにを写真に収めたのか。
 それは腹周りが大人の腕ぐらいあって数メートルも飛び跳ねて戦いを挑んでくると恐れられる幻の蛇、ツチノコの姿でもなく、じつは本州にも棲んでいるのではないかと噂されるヒグマの姿でもなく、「でたぁ」と役場からの「緊急放送」がしょっちゅうあるものの、僕はいったい鉄砲をかついで外出すればいいのか、はたまたハチミツを持参してでかければいいのか判断に迷うことがあるツキノワグマの姿でも、あるいは山小屋に一人、逼塞して暮らしながら日夜出刃包丁を研ぎ、彷徨える旅人をひたすら待っている山姥の姿でもない。ニホンジカである。

 この町にたわむるニホンジカを写真に収めたのは、おそらく全町民のなかで僕がはじめてではないのかと思うのである。名誉町民ものではないかと思うのである。
 この辺では、ニホンジカは山姥に匹敵するほど馴染みのない動物で、その北限はひと昔前までは大船渡市だといわれていたのもいまはむかし。それ以北でも目撃されたり農作物の被害があったりとの話は聞いていた。

 じつは昨年、僕は子供の鹿に遭遇したことがある。そのときは、とうとうここにも来たか、といった印象を持ったものだった。
 それはニホンカモシカのようにスングリムックリした下品な体型ではなく、かといって野良犬と見紛うはずもない、まさしくニホンジカの姿だった。
 体にまんべんなく白っぽい斑点があって、奈良公園とかにたくさんいて油断をしていると袋ごと餌を持っていかれる、あのニホンジカだったのだ。
 ただ、僕はそのときの姿を写真に収めたわけでもなく、「ニホンジカを見た。ホントだぞ!」と他人にはいうものの、それは一人で魚釣りに行って「逃がした魚は大きかった。ホントだぞ!」の域を超えず、笑い者の典型のようなものでしかなかったのだった。

 あれから一年以上がたつ。
 僕の暮らしに変わりはなく、色気づいた話もいまだに皆無である。今日も今日とて仕事が終わってから折爪岳の中腹にある入浴施設に通う。
 その帰り。やっ、やや。
 前方に見えるは……。あ、あれは、あれはまさしくニホンジカではないか。しかも三頭か四頭いる。この辺でははじめて見る光景だ。不思議な感じがする。奈良公園か金華山に来たみたいだ。スマホ、スマホ。「パシャ」
 これはスクープに違いないのである。この町にもニホンジカがやってきた。
 半年(以上)ぶりのブログ更新。

/

【ブログランキングに参加しています】

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメント

あれ・・いつの間にか更新されてる!!!
しかも日本鹿???
北上して来てるには知ってましたがそこらでですか!!!
こりゃ大変だぁ。。
ところでそちらへ足を延ばす事が多くなりましたよ!
コンビニも確認しました♪
今頃は紅葉真っ盛りかな?
折爪への登山道は開通しましたか?
通行止めで二度ほど引き返しましたが。。

RE:旅人さん

ニホンカモシカは牛の仲間だけあって相当に美味らしいですねえ。ものの本で読みました。特別天然記念物に指定される前(明治頃?)まではマタギたちがよく捕っていたとか・・・
しかしこの四半世紀でえらく増えました。ここを出る前(昭和60年以前)は一度も見たことなかったのに。

移住ですか?
空き家はたくさんあるようですが住めるようにするにはかなりの金がかかるってなことを聞いたことがあります。
役所なんかに聞いてみたらいかがでしょう。

  • 五郎
  • 2015/09/07 00:10

鹿の角を売ってたのは宮古市のR106、やまびこ山直ってとこです。
鹿の角は鹿角(ロクジョウ)っていうくらいで、漢方には入ってますね。
ニホンカモシカは牛の仲間なので、鹿ではありません。
しかし、言伝として、『カモシカの骨は角は煎じて飲めば効く』とは古老から言われてます。

それと、そちらで、古民家が空いてませんか?移住を考えてます

  • 旅人
  • 2015/08/28 12:51

RE:kakoさん

ご無沙汰です。コメントありがとうございます♪
このへんじゃ馴染みがなかったんですよねー、ニホンジカ。ニホンカモシカならたくさんいますけど。
近い将来作物の被害が問題になってくることでしょう。
日本はお盆を過ぎたら寒いぐらいの天候になってしまいました。

  • 五郎
  • 2015/08/27 05:32

RE:旅人さん

ご無沙汰してました。
今年のホタルはある意味「不作」だったかもしれませんね。

ニホンジカも来た。旅人さんが言うようにイノシシも時間の問題だと僕も思います。なんかどんどん自然環境が変わっていきますね。
鹿の角がカネになるならいつかきっと探し当てます!

  • 五郎
  • 2015/08/27 05:23

こちらでは、人がたくさんいるゴルフ場にもアメリカ
鹿?はでますよ。
毎日暑くてうだっています。山の中腹の入浴施設なんてサウンズいいですね。

  • kako
  • 2015/08/24 23:37

お疲れ様です。
先月、ヒメホタルが見たくて折爪に登りました。が、しかし、21時を回っていたために、役所関係者とすれ違いざまに、「降りれなくなっぞ」と言われ、しぶしぶ諦めました(;^ω^)

んで、モンスターの代わりのオフ車で山遊びをしようと、林道探索した時には20数頭のニホンジカと遭遇しました。
崖を降りてきて、沢のあるトコまで競争するからタチが悪い。
あ!それと、コッチの方ではシシも目撃例があります。ソッチの方も時間の問題かと。
猿も増えたようです....

春先は、必ず、折りたたみのノコをクルマに積んでてください。
鮎川の人らの常識らしく、轢死した鹿の角を切るためなそうです。
ノコを取りに行ってる内に誰かに切られて持ち帰られてるから。
鹿の角は春に落ちますし、漢方でも装飾でも売れます。

  • 旅人
  • 2015/08/16 14:37

RE:craneさん
ご無沙汰してます、craneさん。
覚えていていただいてありがとうございます♪ また気長にお付きあいください(笑)

  • 五郎
  • 2015/08/12 23:42

お久しぶりです。
更新を首を長くして待ってましたよ〜💫
お元気そうで安心しました。
暑い日が続いています。体調管理に気をつけてください。

  • Crane
  • 2015/08/07 06:08

コメントありがとうございます。samさん久しぶりです。
"ホントにマジ"なんです。九○村方面から岳を横切って釣り堀を少し過ぎたところ。やつらはそこにいたんです。
ダンソン! ♪×※▲○p■▽・・・したけど遅かったです。天然記念物じゃないからおいしく召し上がれます♪

  • 五郎
  • 2015/08/05 19:51

まじですか!?
五葉山が北限って聞いてました。
・・・ニホンジカって、天然記念物じゃないですよねぇ(๑・﹃ ・๑)ヨダレ〜

  • sam
  • 2015/08/04 09:46