スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

どうせブタになるだけだからそれなら僕は神になる

三年前の正月は大雪だった。忘れもしない。

三十日の夕方あたりから降り始めた雪は二晩に渡って降り続き、元旦にはかなりの積雪になった。
ここはいわゆる“豪雪地域”ではないから一冬に何メートルもの雪に覆われるようなことはない。それゆえ一度に四、五十センチも積もられると人々はてんやわんや、びっくらこくのである。
当の僕もこの地にあれほどの雪が一度に積もったのを見たのは実に久しぶりだった。子供のころにはたしかあったような気がする。僕の記憶にはすっぽりと抜け落ちている二十五年の空白期間があるのだ。

友人から「『門打ち』に参加してみないか」と誘われた。まもなく年が暮れようとするときだった。
お正月の風物である獅子舞、ここでは獅子舞とは言わず権現舞というが、それを全氏子の家を訪ねて門の前、家の門で舞うから「門打ち」。
僕にとっては馴染みのない言葉だった。聞けば二年おきのお正月にあって、二十数年前に復活したものだということだった。
全氏子、つまり三百ほどあるこの地域のほぼ全世帯を三日間かけて回る。
「興味があったら頼みたいそうだ。そのかわり嵐が来てもなにがきてもやるからな」
友人が言ったその言葉どおり、悪条件での門打ちとなった。

当日の朝、小さなシンバルのような手鉦を渡されて鳴らしかたを教わった。一定のリズムでただ叩くだけだと言われてそのとおりにした。手と足と耳が冷たくてどうしようもなかった。「ちゃんと合わせろ」と下手な鉦に何度注文を付けられたことか。
こんなところにも家があったのか、ここが同級生の家か、と新雪をかき分けて歩く中でさまざまな発見があった。裕福そうな家もあればそうではなさそうな家ももちろんある。だがすべての家で等しく権現様が舞い、別当が祝詞(のりと)を上げる。お酒やお煮しめが振る舞われ、どの家でも特別な客として迎えてくれた。
人ごみを分け入って初詣に行くことにしばらく慣れきっていた僕にとって、それはある意味ショッキングだった。古式ゆかしい風習がこうして残っていることに感激し、陳腐な表現だけれど「これすっげえ!」と目からコンタクトレンズが落ちた。

それ以来、僕は週二回神社に通いつめ、鉦を叩き続けている。
飽きやすい僕がよくここまで続いているものだと思うがそれはおそらく同士に酒飲みが多いことも起因する。ことあるごとにひっくり返るまで酔っ払っては下世話な話で盛り上がるが、衣裳を纏い、烏帽子や豆絞りを付けると狐に憑かれたように突然表情が変わって神様に見えてくるからおもしろい(と言っては不謹慎か……)。まさに生身の人間に神様が憑依したように見える。

今度のお正月は三年ぶりの門打ちの年になる。
僕にとっては二度目の「神になる年」。なんだかんだでとても楽しみなのである。どうせお正月なんか一人で無為に過ごすことになるし、ゴロゴロしてるとブタになるだけだ。

ただ今回は大雪や吹雪にするようないたずらは神様も避けて欲しい。

IMG_3286.JPG

【ブログランキングに参加しています】

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

RE:待合室さん
風邪ひかないように細心の注意を払ってます。
年々抵抗力がなくなっているのを感じますから^^;
習い事とまでは言えませんが、生活にアクセントができたと思っています。
待合室さんも人生楽しんでますかあ?^^

  • 五郎
  • 2013/11/27 01:03

RE:さすらいさん
お正月も仕事とは本当にご苦労様です。
僕はこんな身ですから正月感覚はあまりないですが、今年もまたフリーに楽しみますよ♪

  • 五郎
  • 2013/11/27 00:56

RE:hikaruさん
ゴロゴロして太れ太れ!(笑)
育ててくれた親に顔を見せておかないと、などと思っているうちはまだ子供。
そう思わなくなってからも実家に帰ってあげるのが真の親孝行です^^

  • 五郎
  • 2013/11/27 00:53

五郎さんかぜはひいてませんか そういえば 三年前のお正月は大雪でした。習い事?はプラスアルファがあると(飲み会のように)楽しめますね。あきっぽいのは皆同じですが。

  • 待合室
  • 2013/11/20 19:23


正月はいつも仕事ですぅ〜(;・∀・)

三年前ったら大しけが来た時ですよね?
あの時は鹿島に居ました。

  • さすらい
  • 2013/11/20 08:49

 今年の年末も実家に帰り、ごろごろとテレビを見て寿司やつまみを食らいこたつむりになる正月を迎えそうです。それしか楽しみがないからそうなるのですが、それでも帰りたいと思える実家なのが不思議なもので。なんだか親がいるうちに実家に顔を見せておかないと育ててくれたのに申し訳ないように感じるのです。
 神楽は天候に恵まれるとよいですね。震災の年の正月のように停電するくらいまで雪が降られてはたまったもんじゃありません(笑)

  • hikaru
  • 2013/11/19 04:56