スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

サバイバル

 なんで僕はこんなところで暮らしているんだろう、とこの時期になるといつも思う。
 冬が厳しすぎるからだ。雪こそ少ないものの、僕が感じるにこの町を含む岩手県北部は、本州一寒い地域だと思う。嘘だと思うなら一度ここに住んでみればいい。
 今年はその冬が一ヶ月も早くやってきている。

 僕には家族がいるわけでもなければ大切な恋人がいるわけでもないし、なにか重要な任務を任されてここにいるわけでもない。ただなんとなくここにいてアルバイトみたいなことをして糊口を凌いでいるだけで、生まれた場所だから愛着はあるにはあるのだが、こんな過酷な自然条件の場所にしがみついて生きている理由もないと言えばないのである。
 かと言って見るも無残な姿になってしまったオッサンが、これからどこか違う場所に行って幸せになれるとは到底思えないし、一縷の望みがあるとすればそれは宝くじを一発当てることぐらいである。僕は射幸心のかたまり、夢見るオジサンなのである。
 君たちは宝くじを買ったかい? お正月が来るまでささやかな夢を見続けるのもいいもんだよ。もし一等が当たったらこのブログを読んでくれた人に回転寿司をたらふくご馳走しよう♪

「スーパー爆弾低気圧」なぞと、僕がいつもお世話になっているスーパー銭湯○○湯みたいな名前のものすごい低気圧がやってきて、なりふりかまわず暴れまくるとテレビの中の天気予報士は言った。特に北海道がすごいことになりそうだとかまびすしく言う。
「雪かき確定か」と思った。できることなら予報が外れて欲しい。魚群が出てきて大当たり確定かと思いきや期待を裏切ってくれるのはマリンちゃんの得意技だが(なんのことだかわからない人にはわからないと思う)、こういうときの悪しき予報こそ外れて欲しいものである。

 予報は少しだけ当たって少しだけ外れた。
 雪も降ったし風も強かったがたいしたことはなかった。ただ明朝の雪かきは「確定」みたいだ。今シーズンの「初かき」である。
 今年は時間の帯と季節の帯が微妙にずれて進んでいる、と気づいたのは夏ごろだった。二週間ずれている――。
 つまり、サクラが咲くのが二週間ぐらい早く、梅雨入りも梅雨明けも二週間ぐらい早く、夏が来るのも秋が来るのも二週間ぐらい早く、果物の収穫も、山の恵もいつもの年より相当早く、秋が終わって人々が喪心状態になるのも早かった(ような気がする)。
 そして冬は一ヶ月も早くやってきた。十二月の上旬からこんなに雪があるのは帰郷後はじめてである。
 げっ、拷問みたいな冬に一ヶ月も長く耐えなくちゃならないの?
 ため息が出そうだが一ヶ月早くきたのだから一ヶ月早く去ってほしいと願いながら、この冬を乗り越える。
 朝起きたら凍ってしまっていた、みたいにならないように気をつけよう。
 僕にとって冬はサバイバルゲームみたいなものだ。
 二週間前に撮った写真を一枚。

/

【ブログランキングに参加しています】

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村へ